30歳の転職マニュアル

1 自分の状況をしっかりと把握すること

 20代の頃とは比べ、30歳以上の転職になると、少し求人数が減ってくるという人もいますが、実際にはそのような事はありません。世の中の様々な状況から、40歳以上のミドル世代の転職や就職活動が活発化していて企業側も積極的に採用をしているということが言えます。

 

 事実、30歳からの世代にぴったりの職場も多くあるもので、店長や管理職など人をまとめるような管理職などは、特に30代の人材を探しているという企業も多くあります。

 

 まず、仕事を探しているという人に覚えておいてもらいたい事は、自分について把握しておくことがとても大切と言うことです。現在の生活状況や、今迄の仕事での経験や経歴を思い返してみましょう。

 

 これから新しい仕事を見つけていくのですから、少しでも自分にあっていて、納得できる仕事場を探すことが大切です。今までの仕事での失敗経験や成功経験からどのような仕事場が自分にあっているのかを考え、自分の能力や実力にマッチする会社を見つけるのが大切ですね。

 

 また、子供が小さかったり、お金がかかる時期ですと、仕事探しにそれなりの条件が伴うかと思いますので、家族とも相談をしたうえでの現状分析が大切です。 これからどうしたいかと言う事ばかりに目が行ってしまいがちですが、まずは今の自分について考えてみることが初めの一歩と言えます。

 

 

 

2 自分のスキルや性格での長所を見つる

 自分の現状を把握してきたら、次は強みを見つけましょう。30歳以上の求職者の中で、自分が他には負けないことは何か、特別に光るものを探してみることが大切です。 今までの仕事での経験や資格何でも構いません。営業経験や技術、目に見える資格などをリストアップしてみましょう。

 

 長年働いていたポジションで得た仕事経験など何かしらあるでしょう。コミュニケーション能力やプレゼンテーションスキルなど、これまでの仕事で得たスキルを見つけてみることが大切です。

 

 また、自分が産まれもった性格にも長所が必ずあります。我慢強い、向上心がある、チャレンジ精神がある、など何かしらの強みがあるでしょうから、言葉にして書き出してみることが大切です。管理職などで40歳〜の求人を出している仕事場は、今までの経験を重要視していることが多いです。

 

 直接人をまとめるようなポジションについていない人でも、後輩などに仕事を教えた経験などがあるのではないでしょうか。些細な事もしっかりとアピールすることで強みになります。

 

 面接で聞かれて困ってしまわないように、これまでの社会人経験、人生経験であった出来事のなかで自分の強みについて表現できることを考えておいてくださいね。

 

 

3 大らかな気持ちで挑むこと

 30歳以上の求人を求める企業は、現場になじんでくれる人を探したいと思っています。実際に、30歳を超えれば、もう人生経験も長くなります。その分、なかなか新しい仕事場になじめないという人もいるのですが、最初のうちは自分は新人だという気持ちをもって臨むことが大切です。

 

 年下に支持をされることもあるかもしれませんし、自分よりも技術がない人から指導されるかもしれません。また、一番の問題は前職とのやり方の違いに戸惑う人が多い事です。新しいやり方になかなかなれず、自分のやり方を貫きたいと思うものですが、ぐっとこらえて、周りと協力することを忘れないことが、就職や転職成功者の共通点の1つです。

 

 新しい仕事場ややり方になれることができずに、孤立してしまう人も多くいるものです。企業としては、初めからそのような傾向のある人材を採ろうとは思いません。人によっては協調性や対人関係に不安があるという人もいますが、この様な点は少し気を付ければどうにかなるものです。

 

 

4 スムーズに活動することができる

 30歳以上の仕事を見つけるのには、転職サイトがとてもスムーズに活動できます。この年代の多くは、ハローワークに通って仕事を探す人が多いですが、求人情報誌やハローワークの仕事は職種が偏りがちです。

 

 同じような仕事しかなく、空いているポジションが少ないので、思うような職がずっと見つからずに悩んでいる人もいるでしょう。まだまだ社会人として折り返し地点である30代が長い間仕事が見つからないでいると、焦りが出てきます。

 

 今後の人生を考えたときに、どんどんと落ち込んでしまう事も多いですから、早いうちに沢山の求人情報に出会うことができる転職サイトを使うといいでしょう。

 

 

 

5 成功者の声をピックアップ!

 「転職サイトには、成功者の体験談が多数掲載されていたので、大変役に立ちました。困難な状況から頑張った人もいるという話を見ていて、自分も頑張ろうと前向きになりました。」
 転職サイトには30代で転職をして成功した人が、どのように仕事を探したのか実例が載っています。参考になる情報が沢山ありますので、目を通してみるといいでしょう。

 

 

「転職サイトを経由してアドバイザーに相談をしました。当時誰にも相談をできなかった時に物凄く親身になって話を聞いてくれました。」
 転職サイトの強みは、アドバイザーと相談をできるという事ですね。おススメの仕事を紹介してくれるだけではなく、仕事を見つけるまでの道筋を立ててくれます。就職をした後のアフターケアをしてくれるので、一人で悩みがちな人の心の支えとなってくれます。

 

 

6 誇りを持って仕事ができる職場を見つけましょう

 急に仕事がなくなった状態が長く続くと、どうしたらいいのか途方に暮れてしまう人が多いです。この為、思いふけり過ぎてしまうがあまり、最悪の状態に陥る人も多いものですが、何よりもあきらめてしまうのは早いです。

 

 むやみやたらに仕事を探していても、上手くいかないことが多いです。自分に合っている職場でなければ、会社側もドアを開けてくれません。少しでも早く仕事を見つけたいと思っているのでしたら、しっかりと計画を立てて仕事を探すことが大切です。

 

 熱意をもって仕事を探していれば、必ず運命の1社に出会うことができるはずです。社会人としてまだまだ折り返し地点にいるミドル世代です。仕事ができる時間は、まだ倍以上残っているという人も多いので、この先誇りを持って仕事ができる職場を見つけられるといいですね。

 

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
30歳転職者の支持率90%のリクナビNEXT!転職活動の幅がグッと広がる充実した会員限定機能あり!